TAM Music Factoryの舞台裏

音楽素材屋の管理人(多夢(TAM))がHP管理、日常生活、音楽制作などに関して綴っています

ふと思う

音楽Work

自分にとって音楽とは何だろう。

そんなことを時々思います。

もっと作りたい。

死ぬまでに、あと何曲作れるんだろう?

音楽でもっと色々なことができるんじゃないだろうか。


仕事に追われる日々から、そんなことを思ったりします。
変わらぬ日々を送るべきか、変わる日を迎えるべきか。

want to do リスト追加

希望的な観測もありますが・・・。

【その他】
□□:オススメページの作成(鉄道PV用、ゲーム用など、オススメをまとめたページ
□□: You tube での音楽配信(TAM Music チャンネル)

低迷期

仕事を色々と抱え込んでしまって、

やる気はあるんだけど、なかなか達成できなくて、

全てが空回りしているような気がしています。

まだまだ次の仕事が待っているのに。


楽曲の作成も、途中までで止まっています。

「達成しなきゃ」

そんなプレッシャーが押し寄せてきます。

精神的にまいっているという訳ではないのですが、低迷期という感じ。

大丈夫。きっと、今月末くらいには、いろいろと片付いているはず。


RPGツクール雑感

先日、RPGツクールMVを購入して、楽曲のループを確認していました。
それを小学生の息子が見ていて、
「それって何のソフト?」
「RPGが作れるゲームだよ」
と答えると、食いついてきました。

息子はマンガを書くのにもはまっていて(絵ははっきり言って下手)、そのマンガを題材にしたRPGが作りたいとのこと。

元ツクーラーとしては、当然、一から作るとなると大変なことは分かっているので、その旨諭したのですが・・・
「とにかく作りたい!!」とのこと。

仕方なく、簡単に操作を教えて、まずは作らせました。

そもそも、ローマ字入力も十分にできないので、希望する台詞を私が入力することになりましたが。

そうすると、Twitter で簡単につぶやいた通り、まったくストーリー性はなく、
いきなり王の間で、「この世を救ってくれ。どこどこへ行け」
となり、早く戦闘をさせたかったのか、もう一度話すを王様と戦闘するゲームになりました(笑)。

ただ、話しにはその続きがあって、少しずつ、こんなことはできないか、あんなことはできないかと言ってきます。
息子は、ドラゴンクエスト イルとルカなどを遊んでいるため、RPG等については分かっています。

要望に対して、私と一緒にメニュー画面を見ながら調べて、

仲間が増減できること
マップのサンプルがあること
敵キャラを色々変更できること
魔法や必殺技が使えること

などを修得しました。

なんだか懐かしい!

やれることが多くなってくると、欲も増してきたようで、さらに「作りたい」という気持ちが強くなっているようです。
(私も作りたくなりました)

自分の子どもの頃もこんな気持ちだったなぁ~

現実から離れて北へ

8月末、初めて3日間連続の有休休暇を取り、北海道へ旅行に出かけました。

まさに、台風が接近する時期と重なってしましましたが、多少行き先を変更することで、奇跡的にほとんど影響を受けないまま戻って来られました。

IMG_2016
遠くまで続く丘、そして牧場。そよぐ風。(←実際は台風の影響でそれなりに強い風)
狭い世界で、仕事に追われている自分がちっぽけに感じてしまいました。

IMG_201609
Twitterにも上げた富良野のニングルテラスという場所。

夜にふらっと立ち寄ったのですが、別世界に来たみたいで、色々な工房・作品があり、音楽を創る身としては、芯から浸れる世界でした。
涼しかったこと、観光シーズンから離れたこともその雰囲気を引き立ててくれました。

旅後は、有給休暇後の現実に打ちのめされておりますが(笑)、旅を通じて感性が刺激されたことは確かです。
今後の音楽創作活動に繋げていきたいと思っています!
Twitter