TAM Music Factoryの舞台裏

音楽素材屋の管理人(多夢(TAM))がHP管理、日常生活、音楽制作などに関して綴っています

送料の変更(無料でなくなりました)

■オリジナルCDの送料について、無料→200円に変更しました。

オリジナルCDについては、販売開始以降、ずっと「送料無料」にしておりました。

しかし、2015年にクロネコのメール便の廃止により、郵送費が倍増し、結果的にこちらの送料負担が大きくなりました。

さらに、以前は直接私の個人名義への口座振込を依頼しておりましたが、クレジットカード決済なども考え、ショッピングサイトを使用するようになり、手数料を支払うようになりました。

その結果、安価な素材全集などで、赤に近いような状況になりましたので、2018年10月16日より、送料を一律200円とすることにしました。

ご理解のほど、よろしくお願いします。

■Blogの表記を変更します(更新情報)
WEBサイトでは素材の更新以外は、あまり表記しておりませんが、小さな更新は、Blogでお伝えしていくことにしました。ということで、今回のような方式で続けます。

本日は…

Twitterにて、20周年に関するコメントを多数頂きまして、ありがとうございました!
正直にとても嬉しかったです。

自分のコメント内に「パチパチ」を入れたのですが、「やめたい」と思ったことを何度も乗り越えてきた自分に対して、ささやかな賛美でした。

さて本日は・・・以下のことを行いました。

□メールをまとめて返送しました。

■トップページのメッセージを変更しました。

■tamsp18.midが聴けない というご連絡について、聴けるように修正しました。

1つ1つは、小さなことなのですが、こういう積み重ねで20年来たなぁという感じです。

それに、本日こういう行動に出られたのも、やはり皆さまからコメント・いいねをいただいたおかげだったりします。
本当に皆さまに支えられてのTAM Music Factoryの今があります。

20周年になりました!

2018年10月14日。


TAM Music Factoryは20周年になりました。

正直なところ、閉鎖しようと思ったことも何度もありますが、
皆さんからの応援で、ここまでこれました。

皆さまの支えを糧に、これからも続けていこうと思っております。

どうぞ、よろしくお願いします。

納得いくまで

さて、体調があまり優れないのですが、曲作りを進めています。

・・いや、正確には進んでいません。

10曲ほど即興で、いろいろメロディを作ってみたのですが、

これだ!

という感じではないのです。ですから、毎回振り出しに戻っています。

おそらく、作り上げれば、それなりの曲にはなるのですが、自分的に作成するのにいい曲なるぞ!という確信がなければ、次の「作業」には移れないのです。

簡単に言ってしまえば、自分的に「神曲」と思えるものしか、作りたくないのです。

もちろん、他の方からは同じ評価は頂けないでしょうけれど、やはり自分として納得のいけるものを常に作り続けたいと思っています。

・・・と格好良さそうなことを言っていますが、実は、自分的にワクワクしないと、メロディや構成ができれば、後は「作業」であり、作業を乗り越えられないからです。

メロディの思いつくとき

不思議なんですが、鍵盤の前では、あまり思い浮かびません。

思い浮かびますが、弾けるもの限定になってしまいます。

寝起き、散歩時、机に単に座っているとき。

そんな時の方が、気に入ったメロディが思い浮かびます。

10月です

10月となりました!

少しずつ、Blogを書く頻度を挙げていこうと思います。
今月は「意味ある」月だからです。

音楽活動を完全にストップさせているわけではありません。

でも、成果(新しい素材)を公開していないと、正直、筆が進みません。
(更新しないので、アクセス数もほとんどありませんし)

でも、時々見てくださる方もいるので、せっかくならばと状況を書こうと思います。

★動画を撮りためています
「こんなところにTAM Music Factory」という動画を作成して、
YouTubeで公開予定です。
素材がこんなところで使われているんだ!という、紹介になります。

ただ問題が・・・動画の編集技術が乏しい!
2~3個できたら、公開したいんですけどね。

★音楽の仕事をしています
お仕事として音楽制作をしています。
あまり「お仕事」としてお引き受けできないのですが、今回はお引き受けしよう!と思いました。
なお制作した楽曲は素材にはなりません。将来的には「実績欄」には追加する予定です。

現状、こんな動きのTAM Music Factoryです。

復活に向けて

しばらくの間、限られた余暇時間を英語の勉強を優先に使っておりました。

英語の勉強時間は今後も確保したいと思っておりますが、やはり素材も作りたいです。

ただし、時間は有限・・・。

どのように時間を捻出しようか、悩ましいところです。

最近は、少し英語はお休みしており、本来、素材作成に取り組みたいところ。

でも不思議と毎日、お昼頃には楽曲を作るやる気があるのに、
仕事から戻り22時頃には、やる気が失せているのです。

何でこんなに削られるんでしょうか。

本当は作りたくないのでしょうか。

「コピ・ルアク」(ジャコウネコのウンコから取れたコーヒー豆)を飲んでみました!

知人が、仕事で5年間ジャカルタに行っていまして、
日本に戻ってきたのでと再会。お土産をもらいました。

DemilDOU0AAEsN6

おぉ、これは!! ジャコウネコの糞から取り出されたコーヒー豆で大変貴重なコピ・ルアク
あのブルーマウンテンよりも高価な豆であることで有名です。

(Luwak=ジャコウネコ のことです)

私がコピ・ルアクを知ったのは、「しろくまカフェ」というアニメーションから。
焙煎のお話の中で「糞から取れるコーヒー豆」として登場し、「糞!?」という印象が先に来て、貴重なモノとは言え、飲む機会はないだろうと思っていました。

とは言え、せっかくの頂き物。チャレンジしてみました。
いざ、開封!
DSC_0788DSC_0790

開封した瞬間は・・・従来ですとコーヒー豆の香りが一気に広がりますが、香りは、ほんのり。
コーヒー豆そのものというより、スイーツにまぶされたパウダーのような香り。
という印象でした。

頂いたのものは既に豆が挽かれていました。極細挽きだと思います。
色合い的には、ミディアムローストでしょうか?
DSC_0792DSC_0794
細口のドリップポットがないので、T-falからそのまま淹れる形となり、難しい・・・。
淹れだすと、コーヒーの香りが広がります。強くはありませんが、やさしい香りです。
DSC_0798
完成です。コーヒーですね~(←当たり前ですが、感じてしまったこと)

飲んだ印象!
濃厚でコクがあり、一方で、酸味が非常に少なく、口当たりはとてもまろやか。やさしい味わいです。
後味は、クセはないけれどもふんわりと印象として残る感じで、飲んでから30分経過しても心にとまっているほど
「飲んだ感」がありました。

インドネシアの豆の特徴も影響しているかもしれませんが、香り・後味が、コピ・ルアク特徴かもしれません。
また飲みたくなるような味わいでした。

ちなみに、現地で購入すれば、驚くほど高くはないようです。
機会があれば、皆さんもぜひチャレンジしてください。
もちろん、ウンコ感はありませんでした(笑)。

メールフォームを修正

メールフォームが使えない…というご連絡を受けまして、確認をしました。


どうやら、Word Pressで使っているプラグインのうち、
メールフォーム本体のプラグインは先日アップデートしたのですが、
確認画面を表示するプラグインをアップデートしておらず、
バージョンの違いが不具合を招いていたようです。

簡単に修正できたので、ひとまず安心しました。

トップページを少し変更

トップページの表示を少し変更しました。

まず、2月から配信しましたアルバム(聴き放題サービスで楽しめます)について表示がなかったので、ひとまず掲載しました。

またTwitter表示もしてみました。

でも、サイトが重い・・・改善が必要ですね。

取り組みたいこと、改善したいことが多数ありますが、なかなか時間が確保できておりません。

夏に海外出張予定があるので、しばらくは英語の勉強の優先順位を高くしたいとも思っています。
Twitter